北海道農業専門学校学生及び農業青年と懇談

平成28年10月11日、北海道農業専門学校に於いて、平成28年度農業研修生の、石川洋生氏、荻原弥氏と、栗林記念館で濱田哲氏と佐藤忠信事務局長が面談を行い、就農に向けての目標と農業の現状について懇談した。

また、翌日は当協会で初めて支援金を受けた、平成21年度研修生の白瀬静香氏が、標津町で新たに独立して酪農を始める現場を視察し、懇談した。白瀬氏は、支援金で海外の酪農を視察し、そこで知り合った参加者との縁を伝って、独立に至った。

更に翌々日、陸別町に於いて、平成27年度研修生の冨樫学氏と懇談し、支援事業で学んだその後の営農と、今後の目標について懇談した。冨樫氏は、放牧型牧場を海外視察し、牧場経営の現状と課題を学んだ。

1北海道農業専門学校にて。向かって左から荻原氏、石川氏
2北海道標津町の白瀬牧場。平成21年度研修生の白瀬静香氏
3北海道陸別町の畠野牧場。平成27年度研修生の冨樫学氏

2017年03月29日更新