平成28年度農業関係青年研修支援事業報告会開催

平成29年3月5日(日)、6日(月)千葉県成田市及び香取市において、農業関係青年研修支援事業の報告会が行われた。報告会では、農業に関する研究・研修を行った研修生からの活動報告と、佐原農産物供給センターにおいて視察研修を行った。

5日は、成田市に集合し、夕食を兼ねて自己紹介をし、現在行っている研究や農業について話しあった。また、農業に対する思いや今後の自分たちが進む道について、それぞれの青年たちが熱く語り合った。また、大久保俊和評議員、青木勝廣企画委員、香取政典常務理事からも、青年たちに農業の先輩として、熱い想いを語った。

6日の活動報告では、本部を代表して香取政典常務理事より挨拶があり、その後、青年よりそれぞれ活動してきたことを報告し、報告の都度、大久保俊和評議員、金子養正企画委員、川辺茂企画委員、香取政典常務から質問や意見がなされた。

視察研修では、初めに農事組合法人佐原農産物供給センター代表理事の香取政典氏より、日本の農業の現状と青年に期待することをテーマに講話があり、その後、センターを視察しながらセンターの取り組みと今後の農業のあり方について語られ、施設内の集荷場を視察しながら、消費者へ安心して農産物を届けるための、生産者への安全基準と管理体制について話があった。その後、まとめを行い閉会した。

平成28年度は、8名の農業関係青年がそれぞれ研修・研究を行い、今回は、大学生1名、専門学校生2名、農業青年5名を支援した。主な研修・研修テーマは以下のとおりである。

竹内雅志 東京都 (東京大学農学生命科学研究科)
「フィンランドにおける生乳市場の現状と国内の酪農市場について」

石川洋生 神奈川県 (学校法人八紘学園 北海道農業専門学校野菜科)
「欧州の有機農業の現状と農産物の生産と流通について」

荻原 弥 北海道 (学校法人八紘学園 北海道農業専門学校畜産科)
「カナダにおける先進的な酪農について」

濱名 哲 北海道(農業)
「国内の市場・開発研究所の現状と農業経営について」

山本貴文 神奈川県 (農業)
「科学的な土壌分析による営農について」

増田 渉 岐阜県 (農業)
「有機農業における土壌作りと農業技術向上について」

島田 泉 鳥取県 (農業)
「農業の六次産業化と収益増加に繋がる農業経営について」

山中二郎 鳥取県 (農業)
「山間農業における新規就農のための営農について」

1それぞれの青年が報告を行った
2佐原農産物供給センターの施設を視察した
3

2017年03月29日更新